ページ内を移動するためのリンクです

ここから本文です

  • プレスリリース
  • 企業情報
  • 重要なお知らせ

ローソン、三菱商事と連携、コンビニ発送を自動化。

2019.03.25

報道関係者各位

株式会社ナスタ



宅配クライシス解決プロジェクト 第4弾
コンビニ発送を自動化
荷物の預かりボックスで返品もストレスフリーに


 株式会社ナスタ(本社:東京都港区、代表取締役社長:笹川順平 以下、ナスタ)は、株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:竹増貞信 以下、ローソン)と三菱商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:垣内威彦 以下、三菱商事)が取り組むレンタル商品、EC商品の返却・返品サービス(スマリSMARI)において使用する荷物預かり専用ボックス「スマリボックス」の生産を行うこととなりました。


 これまでナスタが大手企業と連携して物流課題解決に取り組んできた実績や、ポスト・宅配ボックスのトップメーカーとしての評価をいただき、選定をして頂きました。
 2019年4月1日からローソンの店舗約100店に導入を開始し、将来的にはエリアを拡大し、急増する発送・返品対応にこたえるべく、サービス展開にあわせて「スマリボックス」を生産導入していきます。


■概要

2019年4月 サービス開始エリア:都内のローソン約100店舗サービス対象:洋服等の返品・返却発送





※簡単なタブレット操作にて、お客様ご自身で荷物を投函することが可能



 ナスタはこれまで、宅配クライシス解決プロジェクトとして、昨年は宅配ストレスの解消と再配達の削減を目指し1000世帯の消費者を対象とした福岡市での実証実験や、社員の私物受け取りを会社として推奨する「オフィス受け取り」の実証実験を行ってきました。また今年は大手化粧品会社とのアライアンスで、顧客5000名を対象に、荷物の新しい受け取り方を提案した実証実験を行うことを発表しました。
 今後、本取組を通じてナスタは物流問題だけでなく、労働問題・環境問題など様々な社会課題解決にも取り組んでまいります。



▼プレスリリース


本件に関するお問い合わせ

プレス窓口 広報担当 宮本 仙葉

Tel:03-6779-9105 / Fax:03-6779-8776

Mail:s-miyamoto@nasta.co.jp